2005年09月15日

グレープ・イン・ザ・シー

残暑厳しき、厳しき折。

先週末の練習で久しぶりに弦を切ってしまった。
力み過ぎ。力みなくして解放のカタルシスはありえねぇ、とオーガは言ってたが。
出かける前に昼間っからビールを飲んだのがいけなかった。
のんびりやろうという気持ちと、高みに早く!という気持ちのセメギアイ。

月曜夜、帰ろうとした会社のロビーで先輩とバッタリ会い、呑みに誘われる。
コマ劇前のビル屋上でこんなのがあると聞き、ホイホイついて行った。
夜空の下で沖縄料理と焼き鳥とビール!最高すぎ。
海ぶどうと島らっきょうは初めて食べた。こんなにうまいものだったのか。
2人の先輩を差し置いてバクバク食ってしまった。
外で飲むビールは美味い。ここはおすすめ。また行きたい。

火、水と淡々と仕事を終える。
間の悪さと度胸のなさが今日はかなしかったので、とぼとぼ帰る。

ところで最近はオイスターソースがマイブーム。
つい最近まで、ウスターソースと同一人物だと思っていたので、
ソースはブルドッグのとんかつ!と決めている僕は見向きもしなかった。
これさえあればモヤシ炒めも炒り卵も中華街なのだな。
もっと早く出会いたかった。

そして今週末は輪をかけて鯨飲する予定。さらに来週は会社の金で酒が呑める。
公私に渡り色んなことが目まぐるしく動き始めていて、疲れる。
最近はディラン漬けになって、気を紛らわす。
『追憶のハイウェイ61』を何回だってリピート。

posted by WADDY at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

台風が来るたびに

今週はまた台風。風が強いとアレが飛んでしまうから苦手だ。
この時期の嵐でいつも秋が来るんだなあーと思う。

火曜、帰り間際に誘われ一杯引っ掛ける。
7人くらいいたが普段ほとんど絡まない人ばかり。でもまぁ楽しかった。
違う部署の人たちが熱く仕事のことを語り合っているのを見ながら、こっちは下世話な話を肴に呑む。
こうやって少しずつ交遊の輪を広げていければいい。酒は便利だ。
帰りはみんな駅まで行くし、歩きたくねえやとめんどくさくなって電車で帰ってしまった。
しかも缶ビールを買ってしまった。チンジャオロースも買ってしまった。
1時前に家に着き、ジャーにあったご飯も食べてしまった。その後すぐハダカで寝てしまった。
朝、寒さで目をさまし、駄目人間っぷりを猛省。猛々しく省みる。

仕事は穏やかだが、色々とストレスがたまるこの頃。
振り切るように、空いた時間で曲作りを進めてやった。詞やら構成しかできないが。
喫煙タイムには廊下の隅においてある台車を持ち上げる。
環境利用のゴッチ式トレーニング。器具なんぞなくても大丈夫。
めざせ人間凶器。さっきHIROSを観て、またもや燃える。
脂肪を4キロ減らして筋肉を2キロ増やしてやる。
今がウェルターだから、せめてスーパーライト近くまで落とすのが目標。
高校のときはフェザーだったなんて信じられない。そして去年はライトヘビーも追い越して
クルーザーだったなんて。現在の階級で言えば10階級も行き来したのか。

帰り道の中学校裏に、先週辺りからぶち猫が帰ってきた。
あのでぶが見違えるようにげっそり痩せ、耳と前足に痛々しい傷がある。
ほんとにあの猫かなと思ったが、なでられる時の面倒くさそうな顔でそうと判った。
何があったか知らんが、野良は野良で大変だ。

最近見つけたコレ
なんか、こういう女性の方々の音楽とかの趣味もなんとなく予想がつく。
とりあえずそこは避けていけばいいものができるだろう。
posted by WADDY at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

それだけでうれしい

先月末は先々月末よりは忙しくなかった。

8月末日、残業を終え帰りのエレベーターで前々より呑もうと言っていた
会社の先輩とばったり。タイミングや良しと着いて行く。
人はどんどん増え、日付変われば誕生日ということでお祝いしていただく。
3時まで痛飲。久しぶりにこんなに呑んだ。楽しかった。
手首までタトゥーのバンドマンHさんとも打ち解けられた。歌舞伎町から千鳥足で歩いて帰る。
冷蔵庫にあった「ウコンの力」を寝る前に飲んだら、次の朝は二日酔いが軽かった。
普段なら夕方まで酒臭いのに、昼には踊り出すほど。これはいいものを見つけた。

9/1は誕生日だったので、職場の先輩、学生時代の先輩、地元の同級生などから
お祝いメールをいただく。覚えやすい誕生日だからか。とにかくありがたいことだ。
とはいえ僕は人の誕生日を覚えるのが大の苦手。逆ペー。
四捨五入すると30。歳をとるのは怖くない。早くもっと大人になりたい。
きっとまだまだ子供だからそう思うんだろう。

金曜は朝から良い事があったので、踊り出しそうな気分を抑えながらぼんやり過ごす。
それだけで何ヶ月か、うれしい。

土曜は昼から練習。Kくんが風邪ということでC嬢と2人で曲作りに努める。
3曲目もほぼ完成。ペースを速めなければ。ガツガツやらなければ。
練習後は2人とも腹ペコだったのでジョナサンで飯を食いグダグダ話して帰る。

山本英夫『ホムンクルス』6巻、『のぞき屋』『新のぞき屋』読了。
『殺し屋1』で一躍売れっ子になったこの人だが、やはり天才。というより異才。
人の「歪」を描くという意味では猿渡哲也の『あばれブンヤ』などもインパクトが強いが
やっぱり役者が違うというか。それに、この人の描く風景は良い。
過激な中にも詩情がある。

渚にて、を久しぶりに聴く。この多幸感はなんだろう。僕が真似してどうこうなるものじゃない。
『結合の神秘』『星々』を仕事中に聴いていて、またもや涙ぐんでモニターがぼやけた。

posted by WADDY at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

男のひとりごはん

待ちに待った週末。ようやく酒が呑める。
うきうきしている退社時刻にバタバタと仕事が立て込んで結局残業。
トラブルが続いたが何とか収め、気分良く帰れた。

心地よい疲労感にビールが堪らない。折りしも台風一過の熱帯夜。
これだけのことでひと時はバラ色の人生を満喫できてしまう。
『フルハウス』のDVDを観ながら呑む。懐かしすぎ。
ビールばっかりたらふく呑んで寝る。まさに暴飲暴食。

土曜昼起床。久住昌之×谷口ジロー『孤独のグルメ』読了。以下感想。
非常に素晴らしい。男の教科書だ。知ってはいたが、今まで読む機会がなかった。
でも、これは学生時代に読んだってこんなにグッと来なかっただろう。
谷口ジローの絵は筆致が細かく、具象的というか写実的というか、感情を抑制しているように感じる。
だから読者に、感じ取り、想像する余地を与えてくれる。
内容は単純、一人の中年男が行く先々で見つけた店に入って食事をするだけ。
淡白といってもいいくらい。それに行く店が凄く美味かった!という内容ではない。
ただ、主人公の考えること、感じたことがすごくリアル。あー、わかるこの感じ・・・と頷いてしまう。
僕もこんなどうしようもない毎日で一番楽しみなのが一日二回の食事なのだ。
誰かと一緒に食べる食事はもちろん美味しい。それはそれで食の楽しみの一つだろう。
でも一人で食事するときの孤独だが自由で、わくわくする感じもまた格別。
初見の店に一人で入るときの緊張と楽しみな感じ。読んでいて胸が躍った。
きっと全て実在の店なんだろうが、主人公の気持ちを味わうのにそこに行く必要はない。
読んだ人それぞれの、住んでいる町や訪ねた町にある店にふらりと入ればこの楽しみは味わえる。
巻末に40頁程のエッセイがあったが、これもまた良かった。原作者は僕と同じ小市民だ。
ちなみに、谷口ジローの『犬を飼う』という漫画も素晴らしい。
ペットを飼っている人、飼いたいと思っている人は必ず読むべき。
posted by WADDY at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。